スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







アナスタシア5巻 私たちは何者なのかを読んだ感想


アナスタシア5巻 私たちは何者なのか

発売をとっても楽しみにしていました

最初ネット書店で買うつもりだったのですが

今回の5巻はネットでの取り扱いが不可と 紀伊国屋の店員さんから聞き(たぶんアナスタシアジャパン以外でのネット書店取り扱いが不可という意味でしょう)

アナスタシアジャパンから買いました

ネコポス便で荷物が来たのははじめてでしたが 宅急便と同じ速さで 発送してもらった後 翌日に届きました!


読んだ感想

5巻 すばらしかったです 

シリーズの中では4巻が重要な巻 とどこかで聞いて 5巻はそんなでもないのかな。と読む前は思っていましたが

5巻・・・ 感動して涙がぶわっと出そうな箇所がたくさんありました。すばらしかったです。

脳内は感嘆と感動のオンパレード 


5巻を読む前 アナスタシアと木村秋則さんのコラボ講演会が開催されると知って 地球を癒す人達 なんとお似合いのコラボか。と思っていましたが

5巻には 木村さんの奇跡のリンゴのような 無農薬無肥料で虫もつかずたわわに実るリンゴの木々が登場して

驚きました。

まさに ・・・ 無農薬 無肥料で・・・ よりによってリンゴだし。

ロシアにはアナスタシアがいて 日本には木村秋則さんがいて

きっと 世界各地に 地球を癒すべく立ち上がっている人はいるのでしょうね。

5巻で印象に残ったシーン

超能力を持った新しい子どもたち・・・ 微生物と意思疎通できて思うように働いてもらったり 思念でミサイルを爆破する能力を持った新しい子どもたちの出現

燃え立つ幸せと情熱が女性の姿になったような 馬に乗って駆けるロシアの美しい女性のシーン

街で危機一髪のメグレ氏のところにアナスタシアが突然現れるシーン。

メグレ氏がアナスタシアの美しさを再認識するシーン・・・


他にも 感情をいい感じにゆさぶってくれる感動シーンてんこもり 


読後感は 読んでよかった・・・ に尽きました。

ちなみに アナスタシア5巻の英語PDFが 検索すると普通にネット上にあります。

日本語版とつきあわせると 英語や訳し方の勉強にもなって いいなあと思いました 










スポンサーサイト
Category: 環境エコ系

マスコバド糖(ほぼ無農薬有機栽培、糖蜜を分離していない砂糖) 25kg入りを買えるところ。


無農薬有機栽培の、糖蜜を分離していない砂糖を探して

”マスコバド糖”という砂糖を知った。

無農薬有機栽培に移行中の生産者のさとうきびも入っていて、厳密に無農薬有機ではない、という情報がチラっとあったが

実際どうなのか、フィリピンの生産現場に張り込むわけにもいかないし、ほぼ無農薬有機ならいいやと、

買ってみたら、これがとてもおいしい砂糖だった !!!

出会えて良かった 




で、1kgあたりにかかる値段を下げるために、25kg入りで売っているところを探したけれど、

どこも売り切れで ない。


なのでマスコバド糖を売っているお店 いくつかに問い合わせたら

すごーく感じのいいお店があって、

それは 

通販のオファー

 さん。 

円高や円安によって価格が変わるかもと予想するのだけど

今年4月に問い合わせたときは、25kgが税込み1万円以内で、送料が1袋につき全国¥1210だった。

注意としては、小分け販売は不可。

それから、普段はレギュラー販売していないので、マスコバド糖【500g×20個入】のページから注文して、注文時の備考欄に 「25kg入り希望」と書いたら、その後お店が金額・商品変更をしてくれるということだった。

今まだ前回買ったマスコバド糖が残っているので、なくなったらオファーさんから25kg入りを買う予定。





シュタイナー先生も薦める 「自然な砂糖」 



【フェアトレード】マスコバド糖【500g×20個入】












Category: 環境エコ系

自然栽培のレモン


自然栽培(無農薬・無肥料栽培)のレモンを手に入れた。


その前は 無農薬・有機肥料栽培のレモンを食べていた


有機肥料のレモンもとてもおいしかったのだが


無肥料のレモンは・・・

まったく 臭みがなく

とても自然な味がした。

あやうく これは天上のレモンか?と思ったくらい 



自然栽培の作物は

腐ることがなく ずっと置いておくと 干からびるだけだという。

このレモンも 腐らずに干からびるだけか?

試してみる。











Category: 環境エコ系
»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。