スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







アロマ 内服 に関する本


日本では

精油の内服はあぶないからするな

というような風潮がある、



でも外国では

精油を料理に使ったりもしている。


内服に関する情報はないかなと

探したら


天の香りに 多少内服についての記述が。





天の香り―アロマテラピー


薄めて何滴、一日何回とか 書いてある。

これを見ると

この精油は内服可能なのだな

という指標にはなる。





この前から 自己責任で

大丈夫そうな精油を 1日1~2適 はちみつにまぜて 摂取しているが


おいしくない(>▽< )



ローズマリーはまだいいほうだけど

ロックローズ(シスタス)とか、うっひょー

ディフューザーで香らせたときとは違うにおいをいろいろ感じた。


さすが 密接に味わうと違うなあ。汗

そして その後数時間 なんかロックローズのにおいがする?という状態



フランキンセンスは おいしいとは言わないけど そんなにひどくない。

次はヘリクリサムの予定。。



精油はやっぱり凝縮されてるから はちみつに混ぜてもきつく感じる。

チンキ剤とかにしてのばしたほうが いいのかもなあ。












スポンサーサイト
Category: アロマ

キサンタンガム グァーガム 違い


キサンタンガム グァーガム 違い for アロマジェルの続き。



グァーガムが届いて

さっそく アロマジェルを作ってみた。

(シェービング・マッサージ用に 濃ゆく作りました)


グァーガムは
キサンタンガムにくらべて
めちゃ粒子が細かい。


キサンタンガムは 粉どうしにすきまがあって サクサク感があるんだけど
グァーガムは粒子どうしのすきまが見えないくらい粒子がこまかい。

※両方とも カフェ・ド・サボンで買ったもの。他のお店で買うと 違うかもしれません。




容器がなかったので

クリスタルガイザーの500ml容器と クリスタルガイザーを使って

作った。

クリスタルガイザー容器に

100mlくらいクリスタルガイザーを入れて



これくらいかな?と グァーガムをバサバサ


フタをして振りまくる。


おおっ!!



なんだか キサンタンガムより だまになりにくく 固まるのがはやい??


しかも数十秒置いてるうちに

さらにがっつり固まった。

固まりすぎた。



使う量はキサンタンガムより少量ですみそう。


においは

ちょい苦いような香りがあるが

不快なほど・気になりすぎるほどではない。



さらに

グリセリンを入れて

振り



フランキンセンス・サイプレス・ジュニパー精油を入れて

振り




アロマジェル完成♪




使い心地・・


普通に良い。



濃く作ったときは

キサンタンガムより スライムっぽい質感になり

キサンタンガムよりも 素直に肌にまとわりついてくれる力が 低い印象。


腕に落としたとき、

落とした形のまま つるっと滑って 下に落ちそうになる。


これが濃く作ったキサンタンガムジェルの場合は、

腕に落としたとき

重力に従って形を変えて流動しながら

肌にまとわりつくかんじ。





しかし

濃くつくったグァーガムジェルも、

手ですりのばせば

ちゃんと肌に粘りつく。


ここらへんは濃度調整で解決できるのかもしれない。



グァーガムは


キサンタンガムより



・安い
・より少量で固まる
・粒子が細かいからか ダマになりにくい
・グァーガム的なにおいがある
・濃く作ったときは より スライム様のテクスチャー


これが違いかなと思った。




このあと

シャンプー用重曹液のとろみづけにもグァーガムを使ってみた


やっぱり ダマが少なく

すぐ固まった♪


濃く作ったときは 多少肌へのまとわりつきにくさを感じたが

シャンプー液くらいの濃度では

まとわりつきにくさは感じない。



ということで

今後はグァーガムでいこうかな。





キサンタンガムよりコスト安♪













Category: アロマ

キサンタンガム グァーガム 違い for アロマジェル


ブログに遊びに来てくれる方から

アロマジェルって自分で作れると教えてもらって

それ以来 作ってヘビーユーズしている♪


何に使ってるかというと

めっちゃくちゃ濃ゆく作って

シェービングジェルに愛用している。


前はボディーソープを使ってたんだけど

最近 お肌の油分をとってしまいたくないので

グリセリンを入れたアロマジェルなら 油分をうばわないし

ちょうどぴったり  なのです♪


あと

ふつうにマッサージにも使っている。

水で流せばさっぱり というところがめちゃ便利。




で、最初100g買ったキサンタンガムが

このいきおいだとじきになくなりそうなので、



次は大袋で買おうかなと思ったら



なにやら グァーガムというものもある?



どっちも 植物性の増粘剤というとこは同じ。



使い心地はどう違うのだろうか?



次はグァーガム 買ってみよう♪



くらべたらレポします。





比較的安くて
普通に使い心地◎でした。













Category: アロマ
»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。