スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







麹を友麹法で自作

麹を 友麹法で 手作りした。




今年初めに仕込んだ自家製味噌が

なかなか良い使い心地なので、また仕込むべく、

材料の麹から自分で作ることにしたしだいです。






友麹法の麹づくり 参考にしたのはこのサイト
発酵で遊ぼう 米麹





材料のお米は

自然栽培のお米を家庭用精米機で三分づきにして使用♪



今使っている 秋田産の自然栽培のお米
吸水させたあとの 水切りのとき、とうもろこしのような甘~い いいかおりがします。

このかおりをかぐと、ほわぁ~っと幸せになります。  




そろそろ新米の季節なので 今度はどこの自然栽培米を買うか 今から楽しみです ♪




麹の保温方法は・・・ 頭をひねって


無印のプラ衣装ケースをひとつ空けて

そういえば使わず持っていた ペット用ホットカーペット(32℃くらいで保温する電気マット) 防水仕様でちょうどいい♪ これをプラケースの中にいれ 保温。 うちにあってくれてありがとう~♪ > ホットマット

麹を入れるのは ふた付き土鍋。トマト型♪





これで麹を保温する環境はOK




麹は 近くの高品質コンセプトのスーパーに行ったところ ちょうど一種類おいてくれていましたありがとう    これを購入。





さて 吸水+水切りしたお米を 蒸す。

蒸し器 というものは持っていないので 長年のおつきあいの活力鍋のなかに まずちょうど入る直径のステンレスのざるを入れて、その上に これまたちょうど入る直径のステンレスのふるいをのせて蒸し器とした。ふるいの中にお米を入れて蒸す。

活力鍋だから 蒸し時間は高圧で沸騰後10分くらいにするか・・・と10分でやってみたら、うん、ほどほどに蒸しあがった。


蒸したお米を土鍋に入れて冷まして 買ってきた麹(乾燥)を混ぜてふたをして 衣装ケースの中でホットマットにのせて保温。

保温開始から29時間くらい経って見ると、麹から白いほわほわの菌糸が生えて、広がり出していた。

ほんとうに栗のような良いにおい。

ほわほわの麹をつまみ食いすると・・・ 味も栗みたい!!

ほわっと甘~い。

口に当たる感触もほわっとふわっとしている   麹ってこんなにほわっふわっだったのか~


菌糸が生え出してから、ほんとに麹自体が熱を出して、土鍋じたいがほっこりあたたかくなっている。

麹の神秘 



ということで、すっかり麹とフォーリンラブしてしまったクリスタルでした。
 


今もって麹成長中。

並行して 米をはと麦で置き換えたはと麦麹バージョンも 隣で育成中  




麹おいしい~    














スポンサーサイト
Category: ものづくり

ダンボール 箱 自分で作る


差し箱はまだトライしてないのだが


差し箱の前段階として

封筒手づくりを経由してから

ダンボールの箱を自分で作ってみた♪




作業において

このカッターマットは

大きすぎるかと思ったのだが

使うと ものすごく便利だった。




オルファ(OLFA) カッターマットA1


折りたたみテーブルからはみだすくらいなのだが

スペースが不足しないで ひろびろ作業ができた('▽')





封筒もダンボール箱も、


一回目はちょっと失敗したのだけど

二回目は失敗をふまえてうまくできた。



とにかく作って、回数を重ねれば どんどんうまくなるのだな。



封筒とか ダンボール箱とか

自分で作るとか考えたこともなかったけど

やればできるものだった。


段ボール箱は

ダンボールの厚みのぶんとか 折りぐあいで 予想と違う
誤差が出たが


数回つくってるうちに どこを長くしとくとか 修正できるようになる




家にあった段ボール箱を観察して参考にしながら作った。



普段気にしてない
なんのへんてつもないダンボール箱も

実は スムーズに開閉できるようにとか ズレがないようにとか

細かく気を遣って作られてるのだな・・と 恐れ入った



ちなみに
ダンボール板は
ボックスバンクというところの
白板ダンボール 三ミリ厚さ 80cm×80cmを注文して使った、

輸送で傷まないか心配だったが
折れたり傷むこともなく
無事に届いて 良かった☆

注文した10枚をビニール梱包した外側に
注文したものと同じダンボールを重ねて
その外側をひと幅せまい茶色ダンボールで巻いてあった。




つぎあたり 差し箱かなぁ♪














Category: ものづくり

シンガー モナミプライム TC-700 使用感

シンガー モナミプライム TC-700


買ってしばらく放置していて しばらく前にやっと使った。


・・・すごい!!!

使いやすい。



高いだけあって

優秀だわ~♪


糸を通すのがめんどくさそう・・・と思っていたのだけど

なんだかいたれりつくせりで

説明書をちょっと見たら

上糸もすぐかけられるし

下糸もすぐセットできた。


とりあえず
袋ものを縫ったのと
カーテンのすそ上げをしたら、

だーっと縫えて楽しい♪♪


なんかほんと使うのが簡単で、

ミシンはめんどくさそう との固定観念はなくなった。


あ、それと
いらない服とベルトで
エプロンも作った。


分厚いベルトを縫い付けるのも
パワーが売りのTC-700なら大丈夫だろうと
縫ってみたら

普通に縫えた。


かなり芸術的なエプロンができた(笑)
肩ひもにベルトを使ったんです。



シンガー モナミプライム TC-700

実店舗に行くのがめんどうくさくて

ネットで買いたい人は・・・




じつは ミシンて メーカーの指導で ネットに掲載するのを禁止されている機種があるそうで。


でも けっこう お店に電話やメールで問い合わせたら 売ってくれるのですよね。


お値段やおまけもいろいろなので、いろんなところで 相見積もりすると いいと思いますよ。



問い合わせたら 買えるのがわかったなかから 以下のふたつのお店をご紹介。





ミシン一番





まちのみしんやさん



もちろんこのほかにもたくさん
売ってくれる店があると思います。



わたしが買ったときは
送料込みで 7万円台でしたが
今はいくらくらいなのかな~ (゜゜)






次は何を作ろうかな  


道具がいいと創作意欲わきます ♪










Category: ものづくり
»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。