スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







おもろいトーク指南

本屋で、

タイトルと古舘伊知郎に呼ばれたから読んだ。

喋らなければ負けだよ
喋らなければ負けだよ


内容は、実践トーク術で、

現場の使える技がてんこ盛りです。

覚えるために、

三回くらい読み返そうと思う。


それと、前から持っていたけど

ウケる技術
ウケる技術


こっちも、おもろいトークをみがきたい人への指南書。

ユーモアたっぷりの文調がおもろい(´∀`)

本箱から呼ぶ声がしたから、読み返し中。

会話は、エンタメ。

not マスタベ。(自戒)








スポンサーサイト

綿矢りさ

綿矢りさ、

いまごろ読んだ。

若くして芥川賞をとったのはどんな存在だ??と気になった。

「蹴りたい背中」と「インストール」

 蹴りたい背中 (河出文庫 わ 1-2)    インストール (河出文庫)



読んだ感想、

鋭敏な感覚、内向的、毒舌、さらっと水のように流れる、比喩がうまい。


インストールは処女作だからまだそうでもないけど、

蹴りたい背中になると水のように自然で、

おいしいワインもさらっと飲めるし、

よいものって水のようなのカナ??


蹴りたい背中は、内向的で外界に神経をはりめぐらしていた、

自分の高校時代を思い出させてうそ寒い。

きもちわるい。

主人公の感覚は異常。

けっしていい気分になれないけど、ウマい文章。でした。









潮干狩り

潮干狩りに行ってきた。

潮汐をチェック、日中で一番潮が引く時間を調べてGO。

天気がよく、川には潮がひくのをのんびり待つホームレスちっくなおじさん、

常連さんな雰囲気ぷんぷん。


この日は長潮で、けっきょく一番潮が引いても砂地が露出しなかった。

しょうがないから、ざぶざぶ入っていって熊手る。(熊手で掘る)

ほらセンパイたちもかまわず掘ってるし。

いつも来ているのだろう、なおじさんたちは川の真ん中まで行って掘っている。

なわばりを侵犯するのも恐縮なので&川の中までざぶざぶ行くのがおっくうで、

岸に近い砂地を掘る。掘る。掘る。

おっ

初あさり発見!

うれしい(^▽^)

さらに掘る。


・・・何十分か掘る

どうもあまり出てこない。

川の真ん中あたりのおじさんは、ふくろにパンパンに採っているのに(><)

腕・経験のちがい?

と思ったら、

一緒に行ったKさん(ルームメイト)も、

川の真ん中あたりでふくろにごっそり採っている。

くやし~~~~( ̄□ ̄)

と ひさびさに負けず嫌いだましいを刺激され、

おくればせながら川の真ん中方面へ。

もう潮は満ちだしている・・

せっかくきたのに!!と意地張って掘る。

なるほどたくさん出てくる。

最初っから先達にならえばよかったよ・・(;´д`)

ってことで、初潮干狩りは不本意な結果に終わりました(_ _)

ふくろパンパンに採りたかったんだあ!!泣

(といっても、スーパーで売ってる何パックか分はとれた♪)

こんどは大潮の日に行って、掘りまくります(炎)

海の癒し&おみやげがついてくる潮干狩り、楽しいレジャーです♪


◎必需品
・いらないスニーカーor靴下はいてサンダル(ガラスなどけっこう落ちてます)
・軍手(手が弱い人は)
・くまで(¥100ショップで買いました)
・ビニールぶくろ(獲物いれ)
・タオル


あとは日焼け対策に長袖・ぼうし、
捕獲後のあさりの砂ぬき用にペットボトル(海水を持って帰る)、
バケツなどあると便利です。






Category: 未分類
»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。