ヤナの森の生活 レビュー



ヤナの森の生活も 今年出会った流星のうちのひとつ。




まさにこんな生活がしたいと思うそんな生活!



生活すべてが アート。




生活が 祈りということを言ったのは 佐藤初女さんだったろうか?


ヤナも 生活のすべてが祈りのようであり 神聖な儀式のようである。




毎回火をおこして料理をするとか最高www




前 不死の探求という本で 火はオーラを浄化して病気もなおすと読んでから 火を近くに燃やしとける環境にあこがれている。
暖炉とかキャンプファイヤーとか焚き火とか。


それで 夜中にバルコニーでこっそりミニミニ焚き火をしたりしている。

コンクリート床が広いので 火事の心配はないのだが けむりとにおいが出るので 夜中。


でも キッチンのガスの火も あれって浄化になりそうだなと思ったり。料理しているうちに。

とくに食べたいでもないのに料理したくなるのは 無意識に火の浄化を求めていたのだろうか?






ヤナのはなしにもどると



ヤナは ハワイの溶岩台地に 自分で木を植えて、豊かな森にして、森にとけこんで生きている フランス人女性である。



自然に溶け込みつつも野蛮人みたいな生活ではなく、アートな生活なのがすごい。



食料は森から果物をとってくるとか いい~~~~



そしてヤナは シングルマザーでありながら 5人の子どもの母である。



何番目の子供の父親が 今はほかの家族をつくって 近くに住んでいるとかwww

関係性がだいぶ自由。

ヤナの生き方のひとつひとつが興味深い。



ハワイ島に降り立ったときは 10ドルしか持っていなかったけど アクセサリーを作って木にかけて売っているうちに 80ドルになっていた とか。



そんなかんじでどうにかできるものなんだな。






ということで まさに自分の理想な生活を送っている人がすでにいた~~~ という嬉しいサプライズな本だった ヤナの森の生活でした。
至福の中で生きる .。.:*・゜





ヤナの森の生活




もうひとつ思い出した・・・ ヤナの ハワイの美しい渓谷での 自力出産、 産後は 胎盤を食べると 産後の肥立ちがいい・野生動物は出産後に胎盤を食べるのですのはなし、その後1年ほどその渓谷で子育てした のはなしも衝撃的だった。

なにからも自由ってすてき。














コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する