麹を友麹法で自作

麹を 友麹法で 手作りした。




今年初めに仕込んだ自家製味噌が

なかなか良い使い心地なので、また仕込むべく、

材料の麹から自分で作ることにしたしだいです。






友麹法の麹づくり 参考にしたのはこのサイト
発酵で遊ぼう 米麹





材料のお米は

自然栽培のお米を家庭用精米機で三分づきにして使用♪



今使っている 秋田産の自然栽培のお米
吸水させたあとの 水切りのとき、とうもろこしのような甘~い いいかおりがします。

このかおりをかぐと、ほわぁ~っと幸せになります。  




そろそろ新米の季節なので 今度はどこの自然栽培米を買うか 今から楽しみです ♪




麹の保温方法は・・・ 頭をひねって


無印のプラ衣装ケースをひとつ空けて

そういえば使わず持っていた ペット用ホットカーペット(32℃くらいで保温する電気マット) 防水仕様でちょうどいい♪ これをプラケースの中にいれ 保温。 うちにあってくれてありがとう~♪ > ホットマット

麹を入れるのは ふた付き土鍋。トマト型♪





これで麹を保温する環境はOK




麹は 近くの高品質コンセプトのスーパーに行ったところ ちょうど一種類おいてくれていましたありがとう    これを購入。





さて 吸水+水切りしたお米を 蒸す。

蒸し器 というものは持っていないので 長年のおつきあいの活力鍋のなかに まずちょうど入る直径のステンレスのざるを入れて、その上に これまたちょうど入る直径のステンレスのふるいをのせて蒸し器とした。ふるいの中にお米を入れて蒸す。

活力鍋だから 蒸し時間は高圧で沸騰後10分くらいにするか・・・と10分でやってみたら、うん、ほどほどに蒸しあがった。


蒸したお米を土鍋に入れて冷まして 買ってきた麹(乾燥)を混ぜてふたをして 衣装ケースの中でホットマットにのせて保温。

保温開始から29時間くらい経って見ると、麹から白いほわほわの菌糸が生えて、広がり出していた。

ほんとうに栗のような良いにおい。

ほわほわの麹をつまみ食いすると・・・ 味も栗みたい!!

ほわっと甘~い。

口に当たる感触もほわっとふわっとしている   麹ってこんなにほわっふわっだったのか~


菌糸が生え出してから、ほんとに麹自体が熱を出して、土鍋じたいがほっこりあたたかくなっている。

麹の神秘 



ということで、すっかり麹とフォーリンラブしてしまったクリスタルでした。
 


今もって麹成長中。

並行して 米をはと麦で置き換えたはと麦麹バージョンも 隣で育成中  




麹おいしい~    














Category: ものづくり

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する