アホは神の望み 村上和雄 レビュー


祈り サムシンググレートとの対話 に出てきた 村上和雄 筑波大学名誉教授 の本を読んだ。



祈りの治療効果に関する研究は、 ハーバード大学 コロンビア大学などで

"精神神経免疫学" と呼ばれて 最先端の研究分野になりつつあるとのこと。


ちなみにこの本は2012.7.1出版。


そういや 去年かおととし 知り合いの精神科医の人と話したとき 近年 ようやく医学も 体と心を分けなくなってきた・・・だったか

心という形のないものを無視しなくなってきた・・・ だったか

なんという言葉で言っていたか忘れたが

とにかく大意は ようやく医学は 心が 治療の際に関係あることを認識するようになってきた ということを言っていた。



精神科じゃないお医者さんたちは けっこう 心という 見えないものを無視する人が多いと感じていたので

精神科だから そういう教えが行きわたるのも先に来るのかな と思ったものだが



末端までいきわたるのに 時間がどれくらいかかるのかはわからないにせよ、


今後は 心 とか 念 とか そういうものの効果やらはたらきやらが だんだん解明されて 科学でも公認の 常識になっていくのだろうな。











アホは神の望み











コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する