台湾人にはご用心 酒井 亨 レビュー


Ebayで

台湾の人に 物が売れたので


台湾についてちょっとぐぐると


東日本大震災のとき 台湾から 200億円以上の義捐金が送られてきたことを

いまごろ知った。!



台湾の人は 日本が大好きらしい。



なんでこんなに好かれているのか?と思い 台湾について興味がわいて

台湾について詳しく知れる本 「台湾人には、ご用心!」を読んだ。








いろいろ 知らなかった情報がたくさん知れた。

台湾は 昔 50年ほど 日本の植民地だったそうな。(!)




台湾人には、ご用心!は 台湾に住んでいる日本人ジャーナリストが書いた本で

情報がのりすぎていて 書ききれないので 印象に残ったところだけ書く。



・台湾は日本に起きることを まるでわがことのように感じていて、日本に起きたことは、台湾で、台湾に起きたことのように ニュースで大きく報道される。

・台湾人は、中国人とは、違う系統の民族で マレー系。
・台湾人は、自分に甘く 人にも甘い。(台湾人と比較すると 日本人は、自分に厳しく 人にも厳しい)
・台湾人を人前で叱るのはしてはならないこと。個人の誇りというものを傷つけるから。なにかあったときに 叱るのは逆効果 逆ギレするとのこと。
・台湾人は、善意のかたまり かつ KYなので、底抜けの善意から 非常にこちらにとって迷惑なことをし こちらの被害に気づかないことがよくある。そして わざとでないと言って なかなか謝らない。台湾語には、「迷惑」という意味の単語がない。「人の立場を考える」という思考回路は、台湾にはなく、日本みたいな 人の立場を考える思考回路がある民族のほうが 世界的にはめずらしいとのこと。また 台湾人に対して 中国人は 悪意のかたまりで 悪意から 自覚を持って こちらにとって非常に迷惑なことをする とのこと。中国人は、論理を持った悪意から迷惑なことをするので、アメリカ的に論理的に攻めると、対処しやすいって・・・弁護士思考で行けばいいのか?だから中国と米国は意外と相性がいいとのこと。

これは この本から得た情報で 自分で確かめたわけではないので なんとなくの予備知識として 頭に入れておこう・・・そういう傾向があるってことね。

・台湾の最高神は、女神。
・台湾人は論理ではなく、気分で動く。
・台湾人が一回だけ言ったことは、本気でない。三回、四回言ってきたぐらいから、本気にするのがよい。だから、台湾人にほんとうに動いてもらいたかったら、こちらも何回も何回も繰り返して言わなければならない。

・中国で人気のある歌手、女優、文化は 台湾発が圧倒的に多い。台湾は面積的には小さいが 中国に対して 文化で圧倒的に優位に立っている。そして、台湾は、日本の文化に憧れている。「日本人みたい」は 台湾人にとっては ものすごいほめ言葉になる。日本人は、台湾では特権階級で 優遇される。

・台湾のいろんな部分は 日本とくらべると 非常にいいかげんだが、世界的に見ると 台湾は進んだほうで、日本のいろんなしくみが きっちりしすぎているだけ。

・台湾人は、中国が嫌い。韓国とは、張り合う関係。そんななか 日本の 民主主義で自由で 平和で 洗練された文化に、憧れている。



~~~~~~~~~~~~~~~~



情報てんこもりで全部書ききるには 本をそのまま写経するしかないのだが

台湾はものすごい異文化なのだな・・・ と感じ入った。

善意のかたまりで KYで 気分で動くのかぁ・・・生きていて楽しそうだな 


ニュースを見てると、中国に嫌われてる 韓国に嫌われてる という印象しか入ってこないが、

台湾にこんなに熱烈に愛されてるとは知らなかった。

やはり大手マスコミは、注目を集めること(や 民衆操作)が最優先で、

注目を集めるには ネガティブなニュースのほうが注目をひけるから

台湾にこんなに愛されてる とか 報道しないよな。



私はすでに

大手マスコミを

全然信用していない。



そういう印象を与えたいのだね・・・ というふうに見ている。真実は、自分で調べたり 見抜くしかない。




今 この社会は 男性社会

「男性は 目的を達するためには 嘘をついてもよいと思っている 罪悪感なく嘘をつく」

一般的に ↑のような暗黙のルールがあることを 数年前に 女性が知らない7つのルールという本で知った。


そう知ってみると たしかに 社会でのしあがっている人たちの多くは、平気で嘘をつくね。


多くの男性たちも、自分の目的を満たすためには 平気で嘘をつくね。



もちろん、全部の男性にはあてはまらない

素晴らしい人間性の男性もたくさんいる

そして女性だって、嘘をつく人はたくさんいる



でも一般的に 男性は 目的を達するためには嘘をついてもいいと思っている

この暗黙のルールが 広く存在することを知ってからわたしは、社会に適応しやすくなった。

嘘を見抜きやすくなった。



嘘はいけませんと教えられて育ったけれど、社会で成功するためには

嘘をつくのが上手 そして 嘘を見抜くのが上手なことが 必須だったのですね。



上記のこともあるし

人に教えられることを素直に信じたらいけないということも いつしか学んだ。

相手が一般的に 権威ある存在だったとしても。

自分の頭で考え 真実を見つけなければならない。




これって当たり前のことかな?

わたしはどんくさいので 近年やっと気づいたところだ。





これからもいろいろ試行錯誤しながら、学んでいきます。






台湾の話に戻ると

私は 台湾人の モデル出身の女優さん リン・チーリンが 全体的に好きなのだが

リン・チーリンの 年齢不詳の若さ&美しさは、

台湾人の気性 国民性からもきているのだろうな・・・と今回思った。






ところで表紙はなぜこれにしたのだろう・・・
内容はアニメとほとんど関係ないのだけど

本を読んだだけでも
非常なる異文化コミュニケーションだった。




台湾人には、ご用心!















コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する