スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







お肌をきれいにする生活


顔の肌がすべすべになった。



何が効いているのかわからない・・・



・一週間くらい前から 米を無農薬無肥料栽培のササニシキ玄米に変えて ササニシキ玄米二合に対し はとむぎ半合~一合加えて炊いて 毎日食べている

・水素サプリ メガハイドレートを飲み始めた

・動物性食品を 全然食べていない

・これも一週間くらい前から 自然塩浴という 顔・体・頭の洗い方を始めた

・ここ数日 春の野草 ユキノシタ・ノゲシ・タネツケバナ それと 自家栽培のアロエベラ 雲南百薬のむかご を食べた



三週間くらい前に 知人につきあって 吉野屋の 牛すき鍋膳?だったかを食べた次の日 ニキビが鼻のよこの部分にボツボツボツ・・・と小さく大量に出現して・・・ やっぱり大量生産の ホルモン剤や抗生物質や遺伝子組み換え飼料てんこもりのお肉はわたしの体に合わなく てきめんに肌に異常が出る・・・ 牛すき鍋膳 おいしかったし 肉は大量で 580円でよくここまでできるな・・・!!と感動したものだったが やっぱり体には合わなかった



お肉は、たまに食べるとおいしいと思うのだが、ちょっとでも量がすぎると 顔に直結で ニキビが出て 体にいらないものだよ~と示してくれるので、わかりやすい。



あと、老化したくなければ 肉をやめるべし という お医者さんが書いた本を読んでから、肉を食べる=老化 という図式が、自分の中にある。


肉を食べる=老化 なのだろうか?


自分の体の変化を見ていると、どうもそれは、あてはまっているように思う。


肉を数日食べ続けると、顕著に 顔の肌が劣化してくる。


それで 泡食って しばらく肉断ちする ・・・ 菜食の時期と 肉解禁の時期を繰り返している。





昔の日本人は、武士も、菜食だったらしい。


菜食で、強かったのは、すごいなあ。肉を食べなくとも、気合が湧くのは。


武士が菜食だったという話と、草食性動物のカバはワニを噛み砕くほど獰猛で強いことを知ってから、

動物性食品を食べなくとも、強くあれるのだな・・・と 自分のなかで草食動物についての概念が変わった。




まあでもこれからも、菜食をしたくなったら菜食にし、肉が必要だと思ったら肉を食べて、気ままに過ごしていくだろう。



とりあえず スーパー体にいい食生活&塩浴のおかげで 肌コンディションはとてもよくなった。












Category: 美容・健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。