三輪山登拝 三輪山の神様に会いに行きました。


以前 桜井識子さんのブログ・ひっそりとスピリチュアルしています で 奈良の大神(おおみわ)神社のご神樹は お守りよりも浄化の効果がある。と知って 大神神社からご神樹を取り寄せ、今ではかなり大きくなりましたが、 →大神神社のご神樹についての記事

ご神樹を通して心をはせていた三輪山の神様に会いに行ってきました 


三輪についた最初は雨が降っていたのですが、濡れる覚悟を決めて登拝口のある狭井神社に行くと、傘を持ってこようか?と親切に言ってくださる男性がいたり、なにやら出発をあたたかく見守ってくれるおかあさんがいたり(このお二人 どちらも丸顔で目が大きく柔和で 雰囲気が似ていました)、見守られている雰囲気を感じました。登っている途中で 70%の雨予報にもかかわらず雨は止み、上から白装束で裸足の女性が降りてきたので アーシングする絶好の機会だということに気づき 真似してわたしも裸足で登りました。

        



靴を脱いだら足を怪我するだろうかと思ったのですが 裸足で登ってみてわかりました 裸足のほうが安全と。

三輪山は常連の方でも滑ってころんで骨折する事故が起きたりするのですが 裸足だと、地面に足を触れた瞬間、ここは滑るか滑らないか、足裏で察知できるのです。

一歩一歩集中して進みました。


三輪山は山がご神体ということで 山に乗っている間 三輪山の神様に語りかけながら進みました。

そのようにして進むと、登って降りるまで 意外と短かったです。

ちなみに、三輪山の登拝口がある狭井神社の神主さんは、とてもお話好きで、フレンドリーな方でした 

それから 登る途中と降りる途中で 長年三輪山の管理・整備をされている方に会って、その方が山頂で神々しい白蛇に会ったお話を聞かせてもらいました。

三輪山の3合目くらいには 滝行ができる滝(と着替える場所)がありました・・・滝行 してみたかったですが 滝の存在を知らず準備をしていなかったので、今回は見送りました。


三輪山からの帰り、
ここ数年 叶えたくてエネルギーを注いでいる夢に関して
進展がありました。


こんなに早くお力を貸してくれるの!!?と驚きました。


ただ、大神神社の境内で、あまりよろしくないことを考えたら、私のすぐ横に 当たったら相当痛そうな大きな枯れ枝が落ちてきたので、
怖いな~とも思いました。
心を正せというサインだと受け取りました。


今後も 自分を浄化改善しつつ 進んでいきます。











コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する