FC2ブログ

映画 ボヘミアンラプソディのレビュー


知人からボヘミアンラプソディのことを聞いて口コミで評価が高いのを知り、見に行ってきました。

クイーンというバンドの音楽は これまで特に自分から聞こうと思ったことはなかったのですが

有名で人気な曲が多いので、映画の中でかかったクイーンのヒット曲は、どこかで聞いたことのある曲ばかりでした。

フレディ・マーキュリーがどのような人物だったかもよく知らないで見に行ったのですが

フレディ役の俳優さんは、演技が上手いと思いました。ロックスターが出していそうな色気を出していて、シアターにロックスターの色気が充満し、こちらまでそのエネルギーに染まったような気がしました。ロックスターのクレイジー感を上手く出しているなあと感じました。

フレディ役の俳優さんだけでなく どの俳優さんも演技が上手で魅力的だったように思います。

また 映画の中でおりおりに出てくる猫がとてもビューティフルで可愛く魅力的な猫たちで、ぐっと心を掴まれました!

映画について高度な知識は持っていませんが、見てとても良かったなと素直に思える魅力的な映画でした。

ゲイの方々の心理についても興味深く思いました。男同士で恋愛感情を持つというのはどういう心理なのだろう・・・未知の世界です。

一緒に行った知人は、最後のほうの感動シーンでひそかに泣いていたみたいですが、静かに泣いていたので私は気づきませんでした笑

とにかく特有の色気の周波数を持つ映画だったなあというのが、総合的な鑑賞後の印象でした。

クイーンの魅力について知ったので、今後 クイーンの曲をしばらく聞いていそうです。










Category: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する